おすすめブランド

Whitehouse Cox(ホワイトハウスコックス)の洗練されたメンズ財布

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホワイトハウスコックス
1875年にスタートした歴史ある老舗レザーブランドであるホワイトハウスコックス。エッティンガーやグレンロイヤルと言ったブランドと連ねて「英国御三家」と呼ばれており、国内外においてその知名度とレザーアイテムは人気が非常に高いブランドです。現に日本においても若者を中心に雑誌等で取り上げられており比較的知名度の高いブランドです。

新定番と言われるリージェントブライドルレザーを使用したホリデーライン2016のご紹介も掲載しておりますので、こちらも合わせて御覧ください。

WHCとブライドルレザー

ホワイトハウスコックスとブライドルレザー
ホワイトハウスコックスを知っている方なら周知の通り、ホワイトハウスコックスにとって最も定番と言える素材はブライドルレザーです。ホワイトハウスコックスもブライドルレザーも英国生まれということで、創業から自国のメーカーでオリジナルのものをオーダーしています。

そのブライドルレザーを基盤として、定番の三つ折り財布、カラーバリエーション、型押しの種類などが異なるいくつかのシリーズを展開しています。

日本の主要レザーブランドでは多様な革を使用し、それに伴ったシリーズを展開しているイメージがあるのですが、ホワイトハウスコックスを始めとした英国ブランドでは、それほど多くの種類の革を扱わず、ブライドルレザーに特化したモノづくりが特徴的です。
それは財布に限らず、ベルトや鞄、キーケース等のファッション小物もブライドルレザーを使用していることから伺えます。

それでは、ホワイトハウスコックスのザ・定番と言えるようなブライドルレザーを使用した財布を見てみましょう。

ロングジップウォレット

ロングジップウォレット

日本でもお馴染みのラウンドファスナータイプの長財布。もちろんブライドルレザーを使用しており、汎用性の高いアイテムです。小銭入れにもマチがあるので大きく開けることができ、フリースペースにはパスポートも入る容量が用意されています。
価格52,920円
素材ブライドルレザー
ブランドホワイトハウスコックス

二つ折り財布

二つ折り財布

男性の間で最もオーソドックスな二つ折り財布。上記の財布は「ハバナ」と呼ばれるカラーモデルで少し茶色味がある渋い色です。カードポケットは6つ。お札入れは2つあるのですが、少し高さに差をつけているのも小さなポイントです。ブライドルレザーは白いブルームと呼ばれるものが革表面に浮かぶ特徴があり、使用して失くなるのを待つもよし、ブラッシングしてすぐに取ってしまうのも良しです。
価格36,720円
素材ブライドルレザー

リージェントブライドル

リージェントブライドルホワイトハウスコックスにおいて新しい定番として人気を誇るのがリージェントブライドルシリーズ。その名の通り通常のブライドルレザーを基礎とし、強調しすぎない自然なシボを型押しています。通常のブライドルレザーと比較するとその差は歴然で、印象がガラリと変わります。

左がリージェントブライドル、右が通常のブライドルレザーです。
リージェントブライドルの比較画像

見た目の違い、触り心地の違いはもちろんのこと、すべてのレザーを通して言えることですが、シボのある皮革はシボのない皮革よりも傷が目立ちにくいというメリットがあります。
革を使用している方はお分かりいただけると思いますが、革は非常にデリケートな素材です。少しでも金属や爪などで引っ掻こうものならすぐに跡が着いてしまいます。それを含めて「自分の革」として愛でるという見方もありますが、「綺麗な革に傷が着くのは見たくない!」という方はリージェントブライドルの財布をおすすめいたします。

リージェントブライドル 長財布

リージェントブライドル 長財布

価格45,360円
素材ブライドルレザー
ブランドホワイトハウスコックス

ロンドンカーフ

ロンドンカーフ
リージェントブライドルとは異なり、不均等で少し丸みを帯びた小さな凹凸があるロンドンカーフ。原皮にカーフを使用しており、内装のブライドルレザーを使用した「ロンドンカーフ×ブライドルレザー」というシリーズが展開されています。

このロンドンカーフは顔料染めを行っているのがポイントであり、革表面をコーティングされているため張りがありツルツルとした質感が特徴的です。またムラのない発色の良い色合も顔料染めならではのメリットがあります。

染料染めの財布よりも傷が付きづらく、経年変化を楽しみたいというよりは、購入当初のまま長く維持したいというユーザにはピッタリの財布です。

毎年注目のホリデーライン

「期間限定発売」と聞くとどうしても気になってしまうのが人間の性ですよね。その心理を考えてかどうかはわかりませんが、ホワイトハウスコックスにはお馴染みの「ホリデーライン」と言われるシリーズがあります。

毎年クリスマスシーズンにリリースされるホリデーラインは、その年にデザインされた皮革や色を使用して財布からキーケースが発売されます。その鮮やかな色合が美しく大変人気なシリーズとなっています。

2016年のホリデーラインでは、外側に黒、ハバナ、ネイビーのリージェントブライドル、内側にはケリーグリーン、イエローのブライドルレザーが使用されたデザインとなっています。また白に近いアイボリーのステッチが使用されており、ブラックの財布でも非常にお洒落感が出てる財布です。

それでは2016年のホリデーラインを長財布から見てみましょう。

ホリデーライン 長財布

ホリデーライン 長財布

2016年のホリデーラインの長財布。外側はリージェントブライドルのブラック、内側には鮮やかなケリーグリーンのブライドルレザーが使用されています。
価格45,360円
素材ブライドルレザー

外側には暗色系が使われており、一見シックな財布に見えるのですが、開いてみると鮮やかなカラーが見えるギャップが非常に楽しいのがホリデーラインです。
少し他の人と差をつけたい、ユニークな財布を持ちたいという方にはピッタリの財布です。

定番の三つ折り財布

ホワイトハウスコックスには「ホリデーライン」というアイテムや「ブライドルレザー」といった素材のように定番があります。
これらと同様、それ以上にホワイトハウスコックスにとって無くてはならない定番のアイテムが三つ折り財布です。

国内のレザーブランドではあまり見かけない三つ折り財布ですが、欧州では非常にお馴染みの財布スタイルです。
英国御三家と呼ばれる他のグレンロイヤルやエッティンガーを見ても三つ折り財布は主力メンバーとなっており、知る人ぞ知るイタリアのイルビゾンテやハイブランドのフランスはエルメス等でも三つ折り財布は当たり前のように存在しています。

それぞれのブランドが指す「三つ折り財布」はホワイトハウスコックスの三つ折り財布と同様の作りで、二つ折り財布よりも収納力が高めで、二つ折り財布にベロが付いたような形でボタンで留まるようになっています。

ホワイトハウスコックスも含め三つ折り財布に興味のある方は、以下のページでも一緒にご参考ください。

それではシリーズ別の三つ折り財布を見てみましょう。

ロンドンカーフ 三つ折り財布

ロンドンカーフ 三つ折り財布

価格45,360円
素材カーフ×ブライドルレザー
ブランドホワイトハウスコックス

ホリデーライン 三つ折り財布

ホリデーライン 三つ折り財布

外側にネイビー、内側にケリーグリンを配色したWHC定番の三つ折り財布。表面に刻印されたWHCのロゴがアクセントとなっています。
価格42,120円
素材ブライドルレザー
ブランドホワイトハウスコックス

姉妹ブランドSETTLER(セトラー)

ホワイトハウスコックスにはデフュージョンブランド、言わば姉妹ブランドに「セトラー」があります。

セトラーの大きな特徴はその素材です。
厚みのある成牛の一枚革を自然由来の草木等で鞣すフルベジタブルタンニングし、表面を起毛処理したヌバックを使用しています。そのヌバックにオイルをたっぷりと染み込ませており、ココマイスターのナポレオンカーフと同様のオイルドヌバックという革を使用しています。

ヌバックは起毛加工されているため肌触りがよく、最初は非常にマットな印象を与える革です。
しかし、日々使用していくにつれて、革に染み込ませてある油分が徐々に表面へと浮き出て、起毛がなくなりツルツルとした光沢のある革へと変化していく特徴があります。故に経年変化しやすい革とも言えます。

セトラーには定番のブラック、もう一つブラウンの2色のみが用意されていますが、どちらも革の表情が日々楽しみな色です。
またホワイトハウスコックスに比べると非常にリーズナブルな価格で購入できるのも非常に嬉しいメリットです。

SETTLER 三つ折り財布

SETTLER 三つ折り財布

価格21,600円 (2016年8月2日現在)
素材ヌバック
ブランドセトラー