おすすめブランド

三つ折り財布 ブランド別おすすめメンズ革財布

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

三つ折り財布
国内の財布の形態において最もシェアが高い二つ折り財布、次点の長財布となっており、決して目立つポジションには居ない三つ折り財布。しかし、少ないながらも三つ折り財布には確固たるコアユーザーが居ます。国内ブランドにおいては見かけることの少ない三つ折り財布ですが、英国を始めとした欧州ブランドにおいては定番の形態です。

本ページでは、主に英国ブランドを始めとして三つ折り財布を扱うおすすめブランドとその財布をご紹介します。
また三つ折り財布についてのメリットとデメリットについてもおさらいし、あなたの財布選びの一助になれば幸いです。

ブランド別おすすめ三つ折り財布

種類は少ないですが国産ブランドにおいても三つ折り財布を取り扱うレザーブランドがあります。また革の本場である英国ブランドにおいては定番の形態である三つ折り財布をご紹介していきます。

WILDSWANS – ワイルドスワンズ

ワイルドスワンズ
「世代を越えて受け継がれる製品」を理念の元、品質の高いレザー製品を送り出してくれるワイルドスワンズ。皮革はもちろん、コバと呼ばれる財布の側面から細部に至るまで頑丈な財布作りが行われています。

丸みを帯びたフォルムが特徴的で、ベルギーはマシュア社の堅牢性の高いサドルプルアップを定番の皮革として用いており、他にもホーウィン社のコードバン、ペリンガー社のクリスペルカーフなど各国を代表する高級皮革を積極的に使用しているのもワイルドスワンズの特徴と言えます。

ワイルドスワンズには、それらの皮革を使用した定番三つ折り財布「BYRNE(バーン)」、少しこぶりな三つ折り財布「ENO(イーノ)」などがあります。国産ブランドにおいて「三つ折り財布と言えば…」と出てくるブランドとして非常におすすめできるブランドです。

バーン 三つ折り財布
バーン 三つ折り財布
バーン 三つ折り財布

バーン 三つ折り財布

価格42,660円
素材牛革
ブランドワイルドスワンズ

Whitehouse Cox – ホワイトハウスコックス

ホワイトハウスコックス
高いブランド力と安定した品質の高さから日本国内においても非常に人気の高いレザーブランドのホワイトハウスコックス(以下WHC)にも三つ折り財布が数多く販売されています。WHCを始めとして英国レザーブランドの中ではとてもオーソドックスな財布として三つ折り財布があり、ホワイトハウスコックスと並んで英国御三家と言われるグレンロイヤルやエッティンガーにも三つ折り財布があります。

WHCの財布の多くは英国ではお馴染みの「ブライドルレザー」が使われており、英国紳士を思わせるシックな財布から2トーンカラーでお馴染みの「ホリデーライン」など遊び心のあるデザイン性も特徴的です。三つ折り財布の形態としては完成されており、一般男性の手よりも少し大きく、カードポケットも多い収納性に富んだ三つ折り財布です。

以下は2017年のホリデーラインのレビュー記事ですので、合わせてご参考ください。


ホリデーライン 三つ折り財布

ホリデーライン 三つ折り財布

価格42,120円
素材ブライドルレザー
ブランドホワイトハウスコックス

ホリデーライン 長財布

ホリデーライン 長財布

価格45,360円
素材ブライドルレザー

Faro – ファーロ

ファーロ
ファーロは日本の職人が手掛けるメイドインジャパンブランドです。カーフを使用したものやブライドルレザーを使用した財布等素材にこだわりを持っており、デザインは非常にシンプルなものが多い傾向にあります。色使いも黒やブラウン、チョコなどシックな大人の男性に似合うような色ばかりです。ファーロも三つ折り財布が販売しており、タイプとしては上記二つのブランドと同様にフラップ付きの造りとなっています。その中でもおすすめなのは「ロンドンテイルズ」と呼ばれているブライドルレザーを使用したシリーズです。薄く白い粉がかかっているかのように見えるのは皮革に染み込ませたロウでプルームと呼ばれ使用していく中で白っぽさが消えて味わい深い艶が生まれてきます。

ロンドンテイルズ ブライドルレザー ミドルウォレット

ロンドンテイルズ ブライドルレザー ミドルウォレット

価格34,560円
素材ブライドルレザー
ブランドファーロ

Cocomeister – ココマイスター

ココマイスター
国産レザーブランドとして高い知名度を誇る「ココマイスター」。コードバンやブライドルレザーと言った様々な皮革を使用した財布や鞄を非常に多くのラインナップとして取り揃えており、世界の銘革たちで作られてアイテムを見ているだけでも非常に面白いブランドです。

ココマイスターの財布の主流は長財布と二つ折り財布ですが、一つだけ「ジョージブライドルシリーズ」に三つ折り財布があります。このシリーズでは、外内にブライドルレザーを使用した無双タイプのシリーズとなっており、堅牢性が高く経年変化も楽しむことができるブライドルレザーの三つ折り財布を楽しむことができます。ココマイスターの三つ折り財布は1シリーズしかないため見落としがちのためチェックしてみることをおすすめいたします。

ジョージブライドル・ロベルトパース
ジョージブライドル・ロベルトパース

ジョージブライドル・ロベルトパース

価格35000円
素材ブライドルレザー
ブランドココマイスター

三つ折り財布のメリット・デメリット

三つ折り財布

収納力

長財布には及ばないにしろ三つ折り財布にはカードポケットやお札等の収納力に長けています。また財布の種類にもよりますが、例えばホワイトハウスコックスやワイルドスワンズの三つ折り財布にはカードポケットの裏と小銭入れの裏にフリーポケットが存在しており、ここには常に免許証を、ここには一番使うポイントカードを…。のように使い分けることができます。財布自体の大きさをコンパクトに抑えながらも、フルに収納力を高めようとしたためにできたスタイルが三つ折り財布です。

携帯性

メリットに挙げられる二つ目は携帯性です。二つ折り財布よりも容量は大きいのですが、大きさ自体はそれほど大差はありません。後述しますが、ズボンの後ろポケットに入れるのはおすすめしませんが、鞄に入れてもそれほどスペースを取ることはありませんし、手で持っていても手に収まるコンパクトさなので馴染みやすいかと思います。

三つ折り財布のデメリット

二つ折り財布と長財布のメリットを兼ね備える三つ折り財布ですが、当然ながらデメリットも少なからずあります。ひとつ目はお札を折り曲げてしまうこと。これは二つ折り財布のデメリットを引き継いだという感じですね。ほとんどの三つ折り財布は二つ折り財布の構造にフラップが付いたタイプが多いので、お札は三つ折りではなく、二つ折りになります。二つ折り財布同様に、お札を折り曲げてしまうのが嫌という方にはおすすめできません。
二つ目のデメリットは厚みです。三つ折り財布の外観を見ればすぐにわかることですが、長財布や二つ折り財布よりも必然的に三つ折しているわけですからその分厚くなります。また、小銭やカード、お札を収納すればその分膨らんでしまうので、収納力は高いかもしれませんが、高容量というわけではありません。よってズボンの後ろポケットに入れれば違和感を感じ、本皮財布では激しく擦れて劣化が早まってしまう恐れがあります。